放電加工、ウォータージェット加工、5軸マシニングによる精密加工の株式会社エイチ・エー・ティー

ものづくり事業部 加工紹介

形 堀 放 電 加 工

 放電加工とは、加工液中で被加工物である導電性の材料と電極(銅やグラファイト等)の間に電気エネルギーを加え、火花を発生させ、その時に発生するエネルギーによって被加工物の表面を溶融または、蒸発させて除去し、除去された物質は加工液によって冷やされて再凝固し、微少な球状のカスとなり、加工液によって電極と被加工物の間から排出されます。これにより電極の表面形状へと加工していく加工法です。電極も被加工物と同様に溶融または蒸発し電極摩耗が発生するので、精密加工の場合は粗加工、仕上げ加工で電極を用意して加工する必要があります。 また、加工工具(電極)の形状によって、ワイヤーカット加工、形彫放電加工、細穴放電加工と名称が変わります。

 形彫り放電加工

左側:仕上がり製品

右側:電極側

 形彫り放電は、たとえば星型のような電極を用意すれば、そのまま星型の穴を空けることができるというものです。この場合も、加工物と電極間に放電を発生させています。加工工具(電極)の形がそのまま転写されますので、電極を作りこむことによって少々複雑な形状でも加工することが可能です。

 形彫り放電加工例

No.01 放電加工用電極製作(展示会用タービンブレード試作)

手前の電極は5軸マシンニングセンタを用いる事で1工程(ワンチャッキング)で特殊刃使用することなく製作。奥の電極のスリット(溝)幅は0.6mmです。

ワイヤカットと多軸マシンニングセンタを使用して製作

特徴

Cu

材質

No.02 形彫放電加工、加工工程(展示会用タービンブレード試作)

上からの翼中抜きスリット加工と下のX,Y,C軸の同時3軸制御のセレーション中抜き加工です。(4軸同時の加工も可能です)

同時三軸形彫放電加工

特徴

アルミ材(50系)

材質

No.03 形彫放電加工、加工工程(展示会用タービンブレード試作完成見本)

上からの翼中抜き加工完成見本。マシニングでは不可能な加工が形彫放電では可能です。

No.04 小型タービンノズル

タービンへの形彫放電加工

翼形状形彫放電加工

特徴

材質

インコネル